PLCでエコ管理!無駄なく効率良いエネルギー活用で、パソコンから現場の状況が把握できるシステム。手間と資源の無駄を省いたPLCのご紹介。

  Q&A 解説 | PLCの環境にやさしい設備管理 | ブログTOPTOP

PLCとは

PLCとは何?

PLC博士PLCとは、(Proguramble Logic Controller)の略称です。

この機器は、入力側と出力側で構成され内部にCPUが有り、外部からダラープログラム(ダラー回路)を入力し、そのプログラムに応じた動作をCPUで演算し、入力信号に応じ出力信号として機械を運転したり、制御や監視等を行う事が出来ます。

平たく言えば、読み書きが可能なマイコンの親分です。

用途としては、機械等の運転操作・製造ライン・制御・計測・監視等に利用出来る事と、 更に大きな特徴の一つに複数のPLCを通信線(2本の電線又は、光ケーブル)で繋ぎ合わせ(リンク)、 様々な信号を共有させる事が出来ます。

続きを読む >>

入力・出力

入力や、出力とは?

PLC博士 入力とは、出力に対する反対語で、I/O(アイ・オー)のアイ、即ちIN/OUTと同じ意味です。

信号が入る側を「入力」と言い、命令やデータが「入力」される側の事です。

更に入力信号として、ON-OFF信号では接点、トランジスター、パルス信号等が有りや、 アナログ信号としては電圧、電流、抵抗等の信号をデジタル信号に変換した、デジタル入力信号が是に相当します。

続きを読む >>

デジタルは良い?

デジタルが何故良いのか?

テレビの放送は、2011年を持ってアナログ放送からデジタル放送に切り替わります。
何故、アナログ放送からデジタル放送に切替るかと言うと、信号の情報量の違いです。

アナログは物理的な変化量の情報に対し、 デジタルは数値の変化による情報量なので言い換えると、 数値の組合せ方がアナログには及びも付かない程遥かに多い事が利点です。

然し何れはデジタルも限界に成る時代がやって来るかも知れませんが、其れまではデジタルで十分可能なのです。

又、先程述べた通りデジタルは数値の組合せなので、 搬送性には特に優れ最近の宇宙開発にはデジタル技術は欠く事の出来ない技術で有るとも言えます。



戻る

 


PLCのお問合せはコチラ 株)ネオテック TEL:06-6627-2516