PLCでエコ管理!無駄なく効率良いエネルギー活用で、パソコンから現場の状況が把握できるシステム。手間と資源の無駄を省いたPLCのご紹介。

  w-ecoと省エネ | PLCの環境にやさしい設備管理 | ブログTOPTOP

やさしい「省エネ」−その1

「換気」のお話 は、一先ずお休みと言う事で、
今回からは やさしい「省エネ」をテーマにお届けします。

では、先ず。

「w-eco」って何?

Waste → 「無駄」
Energy → 「エネルギー」
Control → 「制御」
Observation → 「監視」

この頭文字を取って、「W−eco」 にした訳です。(o^−^o)

まぁ、是は如何でも良い事なのですが・・・・・。(⌒_⌒; タラタラ

「省エネ」から直ぐに連想する言葉は、「エネルギーの節約」と言った具合に。
(是は、私だけかも知れませんが・・・・・・)

「エネルギーの節約」も大切ですが、「無駄使い」をせずに使う事の方が大事なのでは
無いでしょうか。

「換気」のお話 のテーマでも紹介しましたが、究極は「エネルギーの無駄使いを防ぐ
方法が、一番手っ取り早い方法な様です。

その為には、何等かの物差しが必要です。

例えば、室内の温度を知る為には「温度計」が必要なのですが、意外と周囲を見渡して見ると、
エアコンの温度表示(現在値表示の無い物も有りますが・・・)以外、思った程見当たらない物
なんですね。

「電気」 「ガス」 「水道」 の使用量に至っては、多分使用している状況すら判らないのが
一般的なのではないでしょうか。
(当然の事ながら、つい最近まで気付きませんでした・・・・。σ( ̄∇ ̄;)わて?)

最近ではコンセントに差込む「簡易電力計測計」(商品名は判りませんが)を介して、
器具の消費電力が計測出来る商品も市販されていますが、あくまでもコンセントの2次側
以降なので、全体の把握出来ていません。

当然ながら 「ガス」 「水道」 等の使用量などは、毎月の「使用料金のお知らせ」が到着
するまでは、全く把握出来ていないのが普通一般的なのではないでしょうか。

そう言った具合に、日常では判らない 「量」 も月に1度の「使用料金のお知らせ」は、
ご家庭から企業様まで届けられる訳で、是を利用しないで「省エネ」を語る事は出来ないと、
書いている本人も始めてそのデータの大切さに気付いた次第です。( ̄ー ̄; ヒヤリ

と言う訳で、次回はたった1枚の「使用料金のお知らせ」が、月別に集計して行くと
意外に便利で「省エネ」に取り組む姿勢も格段に変わって行く筈だと思います。

その内容は、こんな感じです。


では、次回は「使用料金のお知らせ」の、活用方法についてをお伝えします。(o^−^o)


JUGEMテーマ:w-ecoと省エネ

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:地球温暖化と建物の関係そしてエネルギー確保はいかに行うべきか。
 

やさしい「省エネ」−2  「電気料金」

今回は、「ご使用料金のお知らせ」のテーマなんですね。(o^−^o)

でも、この話題は少々長くなりそうですが、お付き合いの程宜しく。(⌒_⌒; タラタラ

さて、「ご使用料金のお知らせ」には電気も有れば、ガス・水道と言った光熱費が有り、
先ずは「電気料金」についてご説明しましょう。(o^−^o)


と言っても、別段怪しい物を宣伝したりする気は毛頭無ありません、ご安心ください。


只、月に一度の「・・・・お知らせ」が、エネルギー消費量を把握する上で、どれだけ
価値があるデータかをお伝えする事なのです。( ̄ー ̄; ヒヤリ

・・・・・・、? いびきをかいている貴方、そう「其処の貴方!!」ヾ(°∇°*) オイオイ


まぶたを閉じていては、読めませんよ!σ( ̄∇ ̄;)わて?


そう!(●`з´●)


では本文へ。


1) 電気料金

家庭や企業では、賃貸契約を除き必ず目にする「ご使用料金のお知らせ」と言う電力量の
使用明細書(請求金額も記載されていますね)が、毎月決められた日に届けられますね。

勿論、ガスや水道も同様に「ご使用・・・・・」は届けられます。


この「お知らせ」を保管していると、これが意外と便利で役立つ資料なんですね。(」゜ロ゜)」ナント


「成る程」と、お気付きの方はその侭で、結構ですが・・・・・、

お気付きでない方は・・・・・、

「何の役に立つの?」って、首を傾げておられるでしょうね。(⌒_⌒; タラタラ


でも、役に立つんですね、是が。


では、その方の為に次の二つのグラフをお見せします。(o^−^o)




 
上表は「電灯B」で、下表は「低圧電力」を共に「ご使用のお知らせ」を元データに、過去3ヵ年
のデータをグラフ化した物なんです。(∩_∩)


この様に、毎月の「・・・・お知らせ」を集計していけば、消費状態や環境(人員等)変化や
季節変化に伴う、電気使用量の推移が歴然と認識される訳です。(o^−^o)


其れと同時に更に踏み込めば、年間CO2排出量までも把握が出来ます。(」゜ロ゜)」ナント


当然の事ですが、電気だけでは無くガス・水道と言った光熱費からも、CO2排出量等も
簡単に把握出来る、実に便利で貴重なデータなんですね。(^―^) ニコリ


余り長いと、書いている本人も眠気を誘いそうなので・・・・・・。(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ


と言う事で、次回をお楽しみください。バイバイ!(゚▽゚*)ノ~~




JUGEMテーマ:w-ecoと省エネ

やさしい「省エネ」−3  先ずは、右側を・・・

前回は、電気料金「ご使用料金のお知らせ」の明細書から、判る事について少しお話しましたが、
今回のテーマは、「・・・お知らせ」をもう少し詳しく説明しましょう。(o^−^o)

さて、その「・・・・お知らせ」とは如何言うものなのかと言うと、恐らく毎月家計簿や経費を集計
した後は、多分ファイルに綴じるか、使用済みのコピー用紙に貼った侭、机の引出しか本棚の
隅に追いやられているのでは無いでしょうか・・・・・。(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

先ずは、右側をご覧下さい。ヾ(・д・。)

これが「電気ご使用量のお知らせ」なんですね。(^ヮ^)はい!

この「・・・・お知らせ」は、「従量電灯B」って左側に記載され、
この訳の判らない、聞きなれない言葉は一体何を意味するの
でしょうか?(⌒_⌒; タラタラ

これは、「契約種別」(電気を利用する為の)なんですね。

この「契約種別」は、それぞれ需要容量により区分けされて
います。

(更に詳しくお調べになりたい場合は、各地の電力会社のHP
をご覧ください。) ( ̄ー ̄; ヒヤリ


この「従量電灯」なんですが、是は「A」と「B」に分けられ
「A」は、6kVA未満の契約となり、
「B」は、6kVA以上50kVA迄の契約
として扱われています。


右図は「B」ですが、一般ご家庭では多分「A」が多いでしょうね。

「B」は小口需要なので、小規模事業所等が利用する場合が多い様です。



処で、この電気は如何言う種類なのかと言うと、簡単に言えば「単相三線式」と言うややこしい
名称なのですが、平たく言えば100Vもとれるし、2本線の200Vもとれる電気と思って頂ければ
良いのではないでしょうか。(少し乱暴な表現ですが・・・・・・) ヾ(°∇°*) オイオイ               




又、同じ様に右に図を載せて有りますが、少し違いますね。

何が違うかと言うと、契約種別の項目が「低圧電力」と記載され
ているんですね。(」゜ロ゜)」ナント

今度も「三相三線式」と言う、ややこしい名称なんですが、
動力用電気として利用される電気で、3相200V電源なので
平たく言えば、3本線の200Vがとれる電気とでも思って頂け
れば・・・・。(⌒_⌒;



そして、この「低圧電力」の利用条件は、50kwまでの契約
電力として利用する事が出来、それ以上の容量を受電する
には、先程説明したのと同じで、「高圧受電設備」を設ける
必要が有ります。




同時に「従量電灯+低圧電力」=50kvAまでが利用出来、
其れ以上は先程と同じく、「高圧受電設備」が必要になります。





では話を元に戻して、「ご使用のお知らせ」の下に「契約種別」が記載され、更に右側に
「契約容量」を、その下段に「ご使用量」が記載されています。


この下に小さな文字(パンチ穴で見難いでしょうが・・・・)で、「当月」から「前月」の使用量を
記載し、この使用量の差引が「ご使用量」として○○○kwhと表示し、当月の使用量として表さ
れています。


更に、下段を見ると、嫌でも使った以上は支払う義務が有る「ご請求金額」が記載され、
その内訳は、その下に虫眼鏡が必要な小さな文字で、基本料から順次記載し、又難解な
「燃料費調整額等」と言った具合で、是等の数字を合計した金額が、「ご請求金額」となって
います。(」゜ロ゜)」ナント


と言う事で、今日は此処までにしておきましょう。  またね〜(@^0^)/~


JUGEMテーマ:w-ecoと省エネ


戻る

 


PLCのお問合せはコチラ 株)ネオテック TEL:06-6627-2516