PLCでエコ管理!無駄なく効率良いエネルギー活用で、パソコンから現場の状況が把握できるシステム。手間と資源の無駄を省いたPLCのご紹介。

  リレー(継電器) | PLCの環境にやさしい設備管理 | ブログTOPTOP

リレー(継電器)

リレー(継電器)とは

PLC博士 リレー(relay) その名の通り、「受け継いで次々に渡して」と言う意味です。

言い換えると、「継電器」も同様に、ある信号を次の回路に受け継いで渡す電気接点を利用して「受け渡し装置」です。

この受信側とも言える部分がコイル磁石に成っていて、1項で説明した場合のモータに当ります。

コイルに電気が加わると、コイルにより鉄片が磁石となり、鉄片と連動した接点が信号を伝達するスイッチの役割を果たす事になり、1項のランプを点灯させる事が出来る訳で、リレー走者が次の走者へバトンタッチしてゴールへと向かい、目的の1位を目指します。

1位以外は、目的外なので1位を目指す仕組みを考え構成する仕組みが、プログラムだと考えれば、1、2項の説明の補足としてはご理解頂けるのではないでしょうか。



戻る

 


PLCのお問合せはコチラ 株)ネオテック TEL:06-6627-2516