PLCでエコ管理!無駄なく効率良いエネルギー活用で、パソコンから現場の状況が把握できるシステム。手間と資源の無駄を省いたPLCのご紹介。

  やさしい「省エネ」−9 更新したのに、その後の処理は・・・ | PLCの環境にやさしい設備管理 | ブログTOPTOP

やさしい「省エネ」−9 更新したのに、その後の処理は・・・

こんにちは。(o^−^o)

昨日帰宅したのは、日付が変わる少し前・・・・。


でも、寄り道なんてしていません、仕事なんです。w(゜o゜*)wマジ!?


遅くまで頑張っておられる皆さん(私も含めて?)、本当にお疲れ様です。



では先ずは、今日の本題へ。(⌒_⌒; タラタラ


エアコンは更新したのに、その後の処理は・・・・・・・。

            そうなんですね。( ̄ー ̄; ヒヤリ


当初、2台のエアコンを稼動させて丁度でしたが、ある時期を境に隣家が建ち、直接西日が
差して込めていた負荷も当然減少し、換気量も必要分だけに抑え、2台(一定速運転)使用
していた内の1台を休止させ、残りのエアコンを新機種(インバータ運転)に取替え、
1台だけでも十分満足出来るんですね。(」゜ロ゜)」ナント

その結果、旧エアコンのブレーカー(開閉遮断器)を遮断し、配線を外し絶縁処理を行い、
1台で数年間稼動していました。

【但し、上記の作業は、電気工事士法(第3条)に基づき、第1種・第2種電気工事士の免状を
受けている者で無ければ作業に従事する事は出来ません。
従って、一般の方が出来ると判っていても、原則的にはしては行けません。

例外として、自家用電気工作物の保安上支障が無いと認められる作業であって、経済産業
省令で定めるものは、可能なのですが、解釈が難しいのでやはり作業をしない方が良い様に
思いますね。】


その新・旧機器の比較は、こんな感じです。(」゜ロ゜)」ナント



この「新」の状態で運転していた訳なのですが・・・・・。

「料金のお知らせ」を過去にさかのぼって調べた結果、
                   差ほど安くは成ってないんですね。( ̄_ ̄|||)どよ〜ん

其れもその筈、幾ら待っても下がらないのは当たり前、
             届けていなかったんですね・・・・・、電力会社へ。(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!


「誰が?」って、私が・・・・・・。(´ヘ`;)とほほ・・



電気使用量が下がれば、電力会社が判断し契約電力を見直して貰えるものと、
此方が勝手に思い込んでいた訳ですが、世の中そんなに甘くは有りません・・・・ね。


上表の基本料等を年間ベースで表すと、



ざっと、年間 32,352円 程度、安くなっていた筈なんですが・・・・・・残念。。。゛(ノ><)ノ ヒィ


32,352円×〇年=〇〇,〇〇〇円 ( ´Д`)はぁ?


是だけのお金を、余分に差し上げていたと言う事です。σ( ̄∇ ̄;)わて?


こんなに沢山・・・・・・・・。ヾ(°∇°*) オイオイ


まぁ、過ぎた事は是でおしまい・・・・。ヾ(・ω・o)




処で、前回ご説明した内容、此処ではっきりと現われているのがお判りですか?


ピーク時(7・8月)の「基本料の割合」が、35%程度で維持されているんです。(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!



そうです!v(。・・。)イエィッ♪


この条件が、「適切な契約電力」なんですね。o(^-^)o



と言う事で、では又お会いしましょう。(o^−^o)


JUGEMテーマ:w-ecoと省エネ
 


戻る

 


PLCのお問合せはコチラ 株)ネオテック TEL:06-6627-2516