PLCでエコ管理!無駄なく効率良いエネルギー活用で、パソコンから現場の状況が把握できるシステム。手間と資源の無駄を省いたPLCのご紹介。

  やさしい「省エネ」−11 その甲斐あって | PLCの環境にやさしい設備管理 | ブログTOPTOP

やさしい「省エネ」−11 その甲斐あって

こんにちは。(o^−^o)

早速本題へ。


色々と手間隙を掛け、漸く確認も終え暫くして「料金のお知らせ」が到着。

変更前(左)と、変更後(右)の2枚の「電気ご使用量のお知らせ」です。

交渉の甲斐有って、従来の契約容量(4.0kw)を、右側の契約(1.0kw)に変更する事が
出来ました。(」゜ロ゜)」ナント

只、基本料金については契約変更日から検針日までの期間なので、日割り金額精算となり
金額的には未だ完全に下がっていませんが、次月からは基本料は確実に下がります。

是はケチっているのでは無く、稼動している物と全く稼動していない負荷を調べ、不必要な負荷を
開閉器から外し、現在利用している負荷だけを契約容量として見直した結果です。


結果としては、電力を削減した事には成りませんが、過剰な契約容量を見直す事が出来た事は
非常に大きな成果です。


たった1枚の料金明細からでも、是だけの結果を得られる訳です。


そう言った意味も含め、エネルギーの「見える化」の第一歩が始まり、「省エネ」に対するスタンス
も、違って来るのではないでしょうか。


そして必要に応じて計測機器を用い、系統ごとの管理を充実すれば、エネルギーも無駄に使用
されず、環境にやさしく適切に利用される事でしょう。


これが本当の「w-eco」なんですね。(o^−^o)


処で、「料金のお知らせ」の内訳の中に「太陽光発電促進付加金」と記載されている項目が
2011年3月から項目記載され、金額は同年4月から記載され出しています。

この「太陽光発電促進付加金」とは何なのか、
                     皆さん気付いていらっしゃいますか?(⌒_⌒; タラタラ

平たく言えば、
「今までは太陽光発電の余った電力を電力会社が買取る価格が安かったが、一般受電の皆さん
にも一部(?)を負担してくださいね」と、言う事なのでしょうね。ヾ(。・ω・。)

その先は、話が長くなるので又の機会に。(⌒_⌒; タラタラ


さて、「電気料金」については取りあえず是で終え、次回からはガス・水道についてのお話を
お伝えしましょう。o(^-^)o


JUGEMテーマ:w-ecoと省エネ
 


戻る

 


PLCのお問合せはコチラ 株)ネオテック TEL:06-6627-2516